FC2ブログ
BS blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリ開発 ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
BS blog Ranking

アプリの仕様を固めるぜ!

プロジェクトを作成する前に仕様をきっちり固めておきましょう。

今回開発するアプリはゲームにします。ジャンルはテーブル(トランプ)ゲームです。
複数人プレイのゲームで、1人プレイは設けません!
売りを強調したいので、あえてです!

■タイトル
『7抜けヤニブ』

■ルール
トランプで遊ぶゲーム。
ジョーカーを除いた52枚を使用する。
エースは1ポイント、2は2ポイント……、10~キングはすべて10ポイント。
手札の合計が7以下になれば「ヤニブ」と言ってゲームから抜ける。最終的に残った1人が敗者。

まずはじめに1人5枚ずつカードを配る。
全員に配り終えたら、余ったカードを山札として中央に置き、上から1枚だけめくって、山札の隣に置く。これが捨て札となる。

プレイヤーはまず手札からカードを捨てる。捨て札は次のいずれか。
①1枚のカード。どれでも。
②同じランクの2枚以上のカード。(キングを2枚、2を3枚など)
③同じスートの3枚以上の続き札(ダイヤの8-9-10など)エースはA-2-3のようにしか使えず、Q-K-Aのようには使えない。順番どおりに捨てなければならない。

次にカードを1枚取る。カードを何枚捨てても取るのは1枚だけ。取れるカードは次のいずれか。
①山札の一番上のカード
②直前のプレイヤーが捨てたカードの1枚。2枚以上捨てていた場合、その内の一番上のカードか一番下のカードを取ることができる。

■画面
・タイトル画面
・ルール画面
・設定画面
 →2人から5人までのプレーヤー人数の選択、罰ゲームON/OFF機能、制限時間ON/OFF機能
・ゲーム画面

■売り
デートでちょっとしたゲームをしたいとき、みんなでワイワイしたいときに最適です。
簡単なルールで、すぐに覚えられるので、みんなの注目の的になることでしょう。
居酒屋やバーなど、お酒を飲む場で、負けたら罰ゲームといった感覚で遊ぶのがベストです。
2人はもちろん、5人まで一緒に遊ぶことができます。

イスラエル発祥のゲームです。本来はポイントにより勝敗を決めますが、シンプル且つ早いゲーム展開にしたかったため、「7抜け」という独自のルールにしています。

罰ゲームは何が出るかわからないので、絶対負けないようにしましょう。

以上!

仕様書は大事です。チームはもちろん、個人での開発においても、方向性を間違えることのないよう、きっちり固める必要があります。
ただ、完璧な仕様書を用意する必要はありません。今回のようなアプリ開発において大事なことは、「モノを上げる」ことだからです。

そうそう、言い忘れてましたが、今回のアプリはネイティブアプリにします。サーバは一切使用しませんので。ネットワーク接続があるとしたらAD広告くらいでしょうか。

次回はプロジェクトを作成して、本格的にコーディングに移ります。
スポンサーサイト

アプリ開発 ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ Androidアプリ開発へ
にほんブログ村
プロフィール

samahiko

Author:samahiko
Androidアプリ開発の備忘録へようこそ!
開発環境→仕様→コーディング→ローンチという流れをリアルタイムで記録していきますので応援よろしくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。